ボック/ドゥディ
Bock/Dudy
バグパイプ工房 そのだ
ドイツ・バイエルン
bagpipesonoda@mbr.nifty.com
ボックは、チェコ・ボヘミア地方、ドイツ・バイエルン州、オーストリアの伝統的なバグパイプで、チェコではドゥディ(Dudy)と呼ばれます。円筒形のチャンターにシングルリードを備えた、典型的な東欧型バグパイプです。現在のボックの多くはふいご式で、当工房でもふいご式を基本としていますが、ご要望に応じ口吹き式もお作り致します(その場合、リードはカーボンを使用します)。

ドイツ語圏では、ふいごを右側、バッグを左側に抱える持ち方が一般的ですが、チェコでは逆が主流です。チャンターストックは山羊の頭の形になっているものが多く、特に昔の楽器には色々と個性的な顔のものが見られます。ドローン管がL字型になっていて肩にかける方式のベーミッシャーボック、ドローンがバッグの下にぶら下がっているエーガーレンダーボック等の種類があります。運指は鳴らす音の指孔のみを開けるクローズドフィンガリングで、これによりスタッカートとレガートを効果的に用いた豊かな音楽表現が可能です。

ボック向けの曲には、基本テクニックを習得した段階で演奏できる、素朴で親しみやすいメロディのものも多く、またバイオリンやクラリネット等、他の楽器とのアンサンブルにも向いているなど、多彩な楽しみ方ができるほか、チェコやドイツの曲にとどまらず、各国のトラッドやバロック時代の小品なども演奏されます。音を出すために強い圧力は必要なく、この楽器が最も普及しているチェコの南ボヘミア地方では、小さな子供からお年寄りまで、幅広い年齢の人たちが演奏を楽しんでいます。ドイツ・オーストリアでは一旦伝統が途絶えてしまいましたが、近年のバグパイプ復興運動により、演奏人口が少しずつ増えています。

日本語教則本もあります。


調
F(ドイツ語圏で一般的)
Eb (チェコで一般的)
その他、D, G, Bb

運指

クローズド・フィンガリング

使用木材
- ナナカマド
- 楓

(その他の木材をご希望の場合はご相談下さい。)

オプション
- 口吹き式
- ゴアテックス製バッグ(バッグカバー付)
- ふいごの焼き絵
サンプル音源
F管ベーミッシャーボック
Eb管ベーミッシャーボック
G管ボヘミアンスモールパイプス (アンサンブルでの演奏)
 トップページ
 フォトギャラリー
 動画
ニュース
 ツイッター
 価格表

ベーミッシャーボック・スタンダードモデル
(ふいごの焼き絵はオプション)


エーガーレンダーボック(口吹き式)・シンプルモデル


ボヘミアンスモールパイプス

  もっとボックの写真を見る ©Dudelsackbau T. Sonoda